​ションヘル織機研究部

Schönherr loom lab.

尾州には旧式の織機「ションヘル織機」があります。

鉄のかたまりで、大きく、そしてガシャンガシャンとこれも大きな音を立てて動く。

あちこちの部品が動き、連動してシャトルが飛び、糸が往復し、織り上がる。

 

織機が違えば、風合いが変わります。

糸が同じでも、織機で変わります。

風合いを大切にするウールの産地だからこそ、ションヘル織機がこれからも必要なのではないか、尾州の魅力を根底で支えているのはションヘル織機なのではないかと考えています。

 

ただこのションヘル織機を動かすにはコツがいります。

織機の音を聞くこと、毎回生地の企画に合わせて調節したり、やはり感覚的な部分が多いと感じています。

 

そして当たり前ですが、動かす人がいなければ意味がありません。

現状では織機はたくさんあっても、これからションヘル織機を動かす人材がいません。

 

木玉毛織さんの工場で、ションヘル織機の動かし方をこれからの世代が共有できる場所にしたい。そして次のステップとしてションヘル織機を活用し、現在の世の中の流れを読み取りながらどんなものづくりができるか、研究することがこれからは重要になってくると考えています。

 

ションヘル織機をブランド化し、さらにテキスタイルデザインが加わることで尾州のテキスタイルはもっともっと魅力的になります。

 

そんな尾州の、これからの出発地点にしたいと考えています。

 

企画、運営代表

小島日和(terihaeru)